名古屋・ロサンゼルス姉妹都市提携55周年記念 ハクトウワシ舎公開式典を開催しました

2014年05月23日


東山動植物園再生プランの一環で整備しておりましたアメリカ大陸コーナーのハクトウワシ舎が完成し、平成26年4月17日(木)から一般公開されました。
本年は名古屋市とロサンゼルス市の姉妹都市提携55周年及び当園とロサンゼルス動物園は姉妹動物園提携45周年にあたるため、これを記念して、ハクトウワシ舎公開式典を開催しました。

ハクトウワシ舎の見どころ
ハクトウワシはアメリカ合衆国の国鳥(国の鳥)です。
eagle.JPG
cage.JPG
ハクトウワシ舎では、アメリカビーバーが生息する川の上空を、ハクトウワシが悠々と飛んでいる北米の風景を再現しています。樹上で羽休めをしたり、水辺で魚を捕まえるハクトウワシの様子を間近で観察することができます。
また、アメリカビーバーの巣を断面で観察することができ、天敵の侵入を防ぐアメリカビーバーの巣造りの巧妙さを知ることができます。

公開式典の様子
ハクトウワシ舎の前に、大勢の市民・報道関係者などが集まり、盛大に式典が開催されました。
tapecut.JPG名古屋市からは河村市長とうかい議長が出席し、来賓として、サリバン在名古屋米国領事館首席領事、ワインバーグロサンゼルス名古屋姉妹都市委員会委員長、安井愛知日米協会会長がご臨席されました。
式典では、ケネディー米国大使、ロサンゼルス市長、ロサンゼルス動物園長からの祝辞が披露されました。
usa.JPG
ロサンゼルス市とアメリカ大陸コーナーの関係
アメリカ大陸コーナーは動物を分類学的に展示するのではなく南北アメリカの動物を地理学的に集めた施設として、本市とロサンゼルス市の姉妹都市提携20周年記念で計画されました。完成した昭和56年3月には当時のロサンゼルス市長トム・ブラッドレー氏から完成記念と両市の友好を記した記念碑が贈られており、現在も現地に設置されております。

東山動物園を訪問の際には、ぜひハクトウワシに会いに来てください。

<< 前の記事 | 次の記事 >>

▼年別アーカイブ

  • 入会案内
  • 活動報告

名古屋姉妹友好都市協会
〒460-8508 名古屋市中区三の丸三丁目1-1 名古屋市市長室国際交流課内
TEL:(052)972-3063 FAX:(052)962-7134
E-mail:info@nsca.gr.jp

↑