イメージギャラリー

ノートルダム大聖堂(Cathédrale Notre-Dame de Reims)

ランスのノートルダム大聖堂は、歴代のフランス国王のうち25人が戴冠式を行った場です。

フジタ・チャペル(Chapelle Foujita)

日本人画家のレオナール・フジタ(藤田嗣治)が、キリスト教へ回収後、ネオ・ロマネスク様式の礼拝堂を建立しました。ステンドグラスと200㎡に及ぶフレスコ画は、聖書から着想を得ていますが、時折日本の伝統的要素が細部に見られます

トー宮殿(Palais du Tau)

トー宮殿は、フランス国王が自身の戴冠式を行う際に滞在した官舎。戴冠式に使用された貴重な品々が保存されています。

エルロン広場(Place d’Erlron)

街の中心地に位置するエルロン広場では、金色の天使のモニュメントが行き交う人々を見守っています。

ワイン畑(Vignoble)

ブドウ畑は標高90mから300mの丘陵地にあります。適度な傾斜があるので、排水性があり、ブドウの樹の間隔を離して植えることができます。

ブドウ(Cépages)

1927年7月22日、シャンパーニュの製造に使用できるブドウの品種が、法律により決められました。ピノ・ノワール(黒ブドウ)、ムニエ(黒ブドウ)、シャルドネ(白ブドウ)が主なものです。

シャンパーニュメゾン(Champagne Maison)

ランスには、シャンパーニュを製造するメゾン(メーカー)が数多くあります。シャンパーニュの地下貯蔵庫の見学や試飲を受け付けているメゾンもあります。

シャンパーニュ(Champagne)

日本はシャンパーニュの輸入量世界第4位、販売金額で世界第3位と言われています。ぜひランスのシャンパーニュを試してみてください。

ビスキュイ・ローズ(Biscuit rose)

ビスキュイ・ローズは、シャンパーニュに浸して食べる、ランスのスイーツです。

名古屋姉妹友好都市協会
〒460-8508 名古屋市中区三の丸三丁目1-1 名古屋市観光文化交流局観光交流部国際交流課内
TEL:(052)972-3063 FAX:(052)972-4200
E-mail:info@nsca.gr.jp

↑