ランス市

ランス市概要

歴代の国王が戴冠式を行い、シャンパンの産地としても知られる街ランス。数多くの有名なシャンパン・メゾン(メーカー)が拠点を置く由緒ある都市の地下には、総延長120キロに及ぶワイン貯蔵庫・カーヴが縦横に張り巡らされています。ノートルダム大聖堂、トー宮殿、サン・レミ聖堂などは、ユネスコの世界遺産にも登録されています。15世紀にジャンヌ・ダルクがシャルル7世を戴冠式に導いたノートルダム大聖堂には毎年、約150万人の観光客が訪れます。


  • ノートルダム大聖堂
市長 アルノー・ロビネ
2014年(平26年)就任1期目
提携年月日 2017年(平成29年)10月20日
人口 約18万人
面積 約46.9㎢
日本との時差 -7時間

ランス市公式ウェブサイト

提携の経緯

名古屋市とランス市は、平成25年10月の両市の美術館同士の友好提携に関する覚書の締結以来、姉妹都市提携に向けた協議を行ってきました。その後も両市の市長や副市長が相互に訪問するなど交流を続ける中で、両市が戦災からの復興を遂げているという共通点もあり、観光、教育、食文化での連携など、幅広い分野での有益な交流ができそうだと双方で認識するに至り、姉妹都市提携となりました。


  • 大聖堂の天使像

地理

ランス市はフランス北部グラン・エスト地域(Grand Est)マルヌ県の都市。首都パリから東北東へ約130kmに位置しています。郊外には一面のブドウ畑が広がっており、シャンパーニュという地名の語源は「平原」を意味するラテン語のカンパニアに由来するといいます。この自然の地形が道路網の発達を促したといわれています。


  • 郊外のぶどう畑

歴史

ランスは2千年以上の歴史を誇ります。伝承によれば、ローマ建国の王、ロームルスの双子の弟レムスが創ったと言われています。その後、古代ローマのガリア属州の州都に制定されました。  498年にランス司教から洗礼を受けたクロヴィスは、ゲルマン民族諸王の中でカトリックに改宗した初めてのフランク王でした。それ以来、歴代の国王がランスで戴冠式を行っています。‘戴冠式の街’は、歴代のフランス王25人の戴冠式をノートルダム大聖堂で見守ってきました。

 1429年7月17日、ジャンヌ・ダルクはランスのノートルダム大聖堂でシャルル7世の戴冠式を挙げ、正式にフランス国王シャルル7世を誕生させました。これを記念して、毎年、ジャンヌ・ダルク祭りが開催されています。  第二次世界大戦中、シャンパンの地下貯蔵庫カーヴは地元の人々を空爆から守るシェルターとして活用され、学校や病院などを設けた地下街が発展したと言われています。時には、コンサートやオペラなども上演されたそうです。


  • マルス門

  • シャンパンメゾン

教育

ランスは、1548年にはすでに学術機関が創設されていました。市内にはランス大学やネオマ・ビジネススクールがあり、現在2万人以上の学生が暮らす一大大学都市となっています。


  • トー宮殿

文化・観光

歴代フランス国王の聖別戴冠式の舞台となった街、ランス。13世紀に建立されたノートルダム大聖堂はヨーロッパのゴシック芸術を代表する建造物で、25人のフランス国王の戴冠式が挙行されました。大司教の居所だったトー宮殿は、現在では博物館になっており、隣接するノートルダム大聖堂の宝物や彫像の一部が展示されています。11世紀に創建されたロマネスク・ゴシック様式のサン・レミ聖堂は、歴代フランス国王の戴冠式で使用されたサント・アンプール(聖油瓶)や、498年にクロヴィスに聖別を授けたサン・レミ司教の聖遺物が収められています。  ランスには、シャンパンを製造するメゾン(メーカー)が数多くあります。シャンパンの地下貯蔵庫の見学や試飲を受け付けているメゾンもあります。  藤田嗣治は、名古屋市美術館のコレクションである「エコール・ド・パリ」を代表する画家です。ランスを訪れた際、神の啓示を受けキリスト教に改宗したことから、ランス市内に礼拝堂を建立、内部にキリストの生涯をテーマにフレスコ画を描きました。没後、多数の作品がランス美術館に寄贈されました。 ※エコール・ド・パリ・・・1920年代に、パリを中心に活躍した外国人画家たちのグループ


  • フジタチャペル

  • サン・レミ大聖堂

スポーツ

ランス市で人気を博しているのは、サッカーです。ランス市には、フランス・リーグ・ドゥ(Ligue2)に属するスタッド・ランスというプロサッカーチームがあり、市内に位置するスタジアムを本拠地にしています。


  • スタジアム

交通

2007年にLGV東ヨーロッパ線が開通しパリまでの所要時間が約45分、シャルル・ドゴール空港から約30分に短縮されました。また、市の南約5kmにシャンパーニュ=アルデンヌTGV駅が開業し、交通の便が飛躍的に向上しました。市内交通は、路面電車が開通しています。


  • 路面電車

  • 市中心部の広場

ランス市の姉妹都市 8都市

  • 名古屋(日本)
  • フィレンツェ(イタリア)
  • ブラザビル(コンゴ共和国)
  • カンタベリー(イギリス)
  • アーヘン(ドイツ)
  • ザルツブルク(ドイツ)
  • アーリントン(アメリカ合衆国)
  • クトナ・ホラ(チェコ共和国)

出典:ランス市公式ウェブサイト

出典

ランス市公式ウェブサイト フランス観光開発機構ウェブサイト 自治体国際化協会ウェブサイト

姉妹友好都市へ戻る

名古屋姉妹友好都市協会
〒460-8508 名古屋市中区三の丸三丁目1-1 名古屋市観光文化交流局観光交流部国際交流課内
TEL:(052)972-3063 FAX:(052)972-4200
E-mail:info@nsca.gr.jp

↑