シドニー市

シドニー市概要

シドニー市は、オーストラリア大陸の南東部に位置するニュー・サウス・ウェールズ州の州都で、オーストラリアの経済・交通・流通・文化の中心地です。シドニー市はオペラハウスやハーバーブリッジで有名なポートジャクソン湾(シドニー湾)の南に広がっています。シドニーは英国のオーストラリア移民団が歴史的な第一歩をしるした建国の地といわれています。


  • 外洋客船が行き交うシドニー港
市長 クローバー・ムーア
2004年(平成16年)就任 3期目
提携年月日 1980年(昭和55年)9月16日
人口 約19万人
面積 約26㎢
日本との時差 +1時間(夏時間では+2時間)

シドニー市公式ウェブサイト

提携の経緯

1978年に発足した名古屋日豪協会とニュー・サウス・ウェールズ豪日協会の間で、両市の提携の話題などがあがるなか、1979年、在シドニー日本国総領事から「シドニー市長が名古屋市との姉妹都市提携早期実現を歓迎している」旨の連絡があり、シドニー市と協議を重ね提携に至りました。


  • シドニー市役所

地理

シドニー市は、オーストラリア大陸南東部のニュー・サウス・ウェールズ州に位置しています。 一般に単にシドニーというと、シドニー大都市圏(オーストラリア統計局によるシドニー統計区)のことを指し、人口は約440万人、面積は約12,428㎢にも及びます。名古屋市の姉妹都市であるシドニー市は、その中の人口約18万人、面積約26k㎡に過ぎませんが、オペラハウスやハーバーブリッジで有名なポートジャクソン湾(シドニー湾)の南側に位置し、オフィスや商業施設、官庁が集積しています。

歴史

1788 年にイギリスの流刑植民地であるニュー・サウス・ウェールズの初代総督アーサー・フィリップがポートジャクソン湾(シドニー湾)に上陸し、当時の英国内務大臣シドニー卿にちなみ、この入り江をシドニー・コーヴと命名しました。この後しばらくは軍事独裁政治となり混乱が続きましたが、1809 年に大改革が行われ本格的な街づくりが始められました。そして1842 年、シドニーでは市制が施行され、オーストラリアで最初の市となりました。


  • シドニー港

教育

オーストラリアの義務教育期間は6歳から16歳までです。小学校は6年ですが、中学と高校の区分はありません。6年間の中等教育は4年目で義務教育課程修了証が渡され、残り2年間の後期課程へ進まず就職する学生もいます。高等教育機関には大学とTAFEと呼ばれる公立職業専門学校があり、学生は目指すものに応じて進学します。

文化・観光

シドニーは美しい港を持ち、温暖な気候に恵まれた世界でも有数の観光都市です。シドニー市のシンボルといえば、ハーバーブリッジとオペラハウスです。オペラハウスでは、演劇、ダンス、バレエ、各種音楽コンサートが数多く行われています。


  • ハーバーブリッジ

  • オペラハウス

市内のロックス地区には、イギリス植民地時代の面影を残す様々な建物が保存、再現され、歴史的な雰囲気が漂っています。

文化面においては、住人の半数が外国出身という多民族の街であり、人口の30%以上が英語以外の言語を話します。多文化主義が浸透しており、先住民のアボリジニの芸術も高く評価されています。


  • ロックス地区

  • アボリジニの絵画

スポーツ

シドニーでは、ラグビー、クリケット、ゴルフ、テニスや、マリンスポーツのヨット、サーフィン、スキューバ・ダイビングなど、様々なスポーツが盛んに行われています。また、2000 年に開催されたシドニーオリンピックのメイン会場は、現在オリンピック・パークとしてスポーツ大会やイベントに活用されています。


  • 海辺

  • ビーチ

交通

シドニー市内では、バスが網の目状に走っているほか、2階建て車両の電車が走る鉄道、ライト・レールと呼ばれる路面電車、市内とシドニー湾の対岸を結ぶフェリーなどが市民や観光客の足となっています。


  • ライト・レール

  • シドニーフェリー

シドニー市の姉妹都市 6都市

  • 名古屋(日本)
  • サンフランシスコ(アメリカ)
  • ウェリントン(ニュージーランド)
  • ポーツマス(イギリス)
  • 広州(中国)
  • フィレンツェ(イタリア)

出典:シドニー市公式ウェブサイト

姉妹友好都市へ戻る

名古屋姉妹友好都市協会
〒460-8508 名古屋市中区三の丸三丁目1-1 名古屋市観光文化交流局観光交流部国際交流課内
TEL:(052)972-3063 FAX:(052)972-4200
E-mail:info@nsca.gr.jp

↑