イメージギャラリー

スペルガ聖堂(Basilica di Superga)

トリノ市街を見下ろす丘に建つピエモンテ建築の大傑作で、世界遺産に登録されています。

ヴァレンティノ城(Castello del Valentino)

ポー川のほとりの広大なヴァレンティノ公園の中にあるお城です。

ドゥオーモ(Duomo)

ルネッサンス様式の大聖堂。内部のサンタ・シンドネ礼拝堂の祭壇には、キリストが十字架にかけられた後、その身体を包んだとされる聖骸布があることで有名です。

ポー川(Fiume Po)

トリノ市の東側を流れるイタリア最長の河川です。

モーレ・アントネッリアーナ(Mole Antonelliana)

トリノのシンボルとも言える19世紀の建物で、内部は国立映画博物館となっています。エレベータで高さ165mの塔の上に登ると美しい街のパノラマを望むことができます。

カルロ・ビスカレッティ・ディ・ルッフィア自動車博物館(Museo dell' Automobile "Carlo Biscaretti di Ruffia")

広大な敷地に建つ博物館には、クラッシックカー、レーシングカーをはじめ自動車の発達の歴史を物語る素晴らしい展示が見られます。

エジプト博物館(Museo Egizio)

ヨーロッパでも屈指のコレクションを誇る古代エジプト博物館です。

ストゥピニージ宮殿(Palazzina di Stupinigi)

18世紀初め、宮殿の背後に広がる森を利用して狩りをするための館として、造られました。世界遺産に登録されています。

マダマ宮殿(Palazzo Madama)

カステッロ広場にある宮殿。エマヌエーレ2世の未亡人が住んでいたことからこの名で呼ばれるようになりました。

王宮(Palazzo Reale)

17世紀に建てられ、19世紀までサヴォイア家の宮殿でした。1997年、世界遺産に登録されました。

サン・カルロ広場(Piazza San Carlo)

トリノの広大な中心広場で、トリノ市民の社交の場です。周辺はアーケードになっていて、格式あるカフェが店を構えています。

サクラ・ディ・サン・ミケーレ僧院(Sacra di San Michele)

スーザ渓谷に建つベネディクト派の総本山とされる僧院です。

トリノ市へ戻る

名古屋姉妹友好都市協会
〒460-8508 名古屋市中区三の丸三丁目1-1 名古屋市観光文化交流局観光交流部国際交流課内
TEL:(052)972-3063 FAX:(052)972-4200
E-mail:info@nsca.gr.jp

↑